40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

旅行/キャンプ

夏休みPHEV(電気&ガソリン)に乗って、遠出(桑名・洲本・土佐清水)してきました!どこまで電気自動車でいけるかな?

投稿日:

この時期に不謹慎かもしれませんが、、

皆様、ご無沙汰しております。7月〜8月の間、PHEV(エクリプスクロス)で遠出をして参りました。
まだ緊急事態宣言前だったのですが、今の時期、旅行をするのは、どうも憚れる印象ですが、個人的には「夏」は思いっきり遊ぶというを決めております。。

昨今、温暖化と叫ばれていますが、日本の気候の半分以上は「冬」です。
夏の期間は長く見積もっても、わずか6月下旬〜9月中旬までの3ヶ月ぐらいで、それ移行は一気に、冷え込み、長袖が必要となります。
日本の本土でTシャツと短パンで過ごせる貴重な時期なので今回は、後悔なく子供たちと遊んできました。。

あと、PHEVがどれぐらい、長旅に耐えられるかも知りたいというのもありすべて、車で移動しました。

生まれてはじめて行った「ジャンボ海水プール」

三重県に住んでいたのですが、初めて桑名市の「ジャンボ海水プール」に行ってきました。
子供は夏にはプールを行くという頭になっているらしく、ただこのご時世、プールや海水浴どこも閉鎖されており、たまたまポスターで見つけたような形です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

けいはんな(@hjunya)がシェアした投稿

子供たちはもちろん、喜んでいましたが、もぉ「おじさん」になってしまった私も正直、面白い!というのが感想でした。
子供の時、あまり外出をさせてもらった経験がないため、大人になって自分で色々とできるようになってから、子供時代に「タイムスリップ」したような感じです。

プール・遊園地・ショッピング・温泉のフルコース!

ジャンボ海水プールは、ナガシマスパーランドが母体で、真横に遊園地とアウトレットパークがあります。
今回は日帰りだったため、プール以外には行けていませんが、1泊すればよかったと後悔しました。

あと、プールの後の露天風呂(温泉)は、最高でした!自然の川の側にうまく露天風呂を併設しているので、マイナスイオンで溢れた空間でした!

長島温泉 湯浴みの湯

PHEVで現地まで約2時間(138km)

エクリプスクロス(PHEV)で電気モードで走れる距離は、50KMなので、電気だけではだめでしたが、途中に、チャージモード(充電モード)を使いながら、蓄電しながら走っていました。
特に、帰りは、湾岸道が下りなので結構、蓄電しながら走ることができました。高速はエンジンと電気で、下道は電気というような走り方をしてみました。

淡路島の洲本で釣りホテル(淡路観光ホテル)で1泊

ここは去年の秋、子供たちとタチウオ釣りを経験した淡路観光ホテルでした。
今回は、前回のように船での釣りはスケジュールの兼ね合いで予約ができなかったため、ホテルの周辺の海釣りをしました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

けいはんな(@hjunya)がシェアした投稿

釣った魚を、そのままホテルが料理してくれる。。

釣りは基本、「浮き」と「サビキ」なので、それほど大きな魚は連れませんが、アジや小さなタイ唐揚げにして、出してくれるのは、子供たちにとっては至福の経験だったように思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

けいはんな(@hjunya)がシェアした投稿

1泊2日で楽天トラベルからだと結構、割安だったので、心身ともに癒やされた1日でした。

PHEVで現地まで約1時間30分(119km)

ここでは、初めて運転モードを「ターマックモード」で走ってみました。淡路島は時速100kmまでとばせるので、思いっきりアクセルを踏んでみましたが、加速感が本当にびっくりしました。。
今まで、街なかをノーマルかエコでしか走ったことがないため、この加速感は正直、素人の僕には怖くなりました。。

最後は、高知市内から土佐清水(スノーピークのキャンプ場)の1泊2日

最後は、お気に入りのキャンプ場(スノーピークの土佐清水)に行きました。
前回は、何もわからず1日で土佐清水まで出かけたのですが、やはり6時間の運転はキツイということから今回、高知市内で一泊することにしました。

高知市内の目当ては安兵衛(餃子)

高知市内で一泊した理由は、屋台で有名な安兵衛の餃子です。ここの餃子は、メディアもこぞって取り上げるほど、高知市内では有名な屋台です。営業時間は19:00〜で、少し早く到着したため、高知市内をぶらぶらした後、また戻ってみた所、既に行列ができてました。平日の雨で、開店前から行列ができているとは、本当に老舗有名店という感じでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

けいはんな(@hjunya)がシェアした投稿

餃子は外はパリパリで、中はジューシーでした。どこにもないような食感の焼き餃子です。餃子ももちろん美味しいんですが、醤油風味のチャーシューラーメンもシンプルで、かなりいけてました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

けいはんな(@hjunya)がシェアした投稿

スノーピークキャンプ場(土佐清水)

そして、高知市内から2時間かけて、四国の最南端「土佐清水」のスノーピークキャンプ場に行きました。
ここは本当に、お気に入りでで、美しい芝と、海と森という自然に溢れた美しいキャンプ場です。
今回も前回、同様に雨だったのですが、今回は「コンテナ」に宿泊しました。この時にはすでに緊急事態宣言が発令されていましたが、住んでいる場所が対象外ということで、宿泊ができました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

けいはんな(@hjunya)がシェアした投稿

コンテナの中身は、スノーピーク製品に溢れた癒やしの空間

土佐清水の美しい景色でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

けいはんな(@hjunya)がシェアした投稿

人生本当に複雑なことばかりですが、旅はその現実を一瞬だけ忘れることができますね。。
旅の素晴らしい所は、「現実の延長線にない」ことだと思います。
現実の延長線にないことは確かに、先行きが読めないこともあり、色々と苛立つこともありますが、
定期的に、人間にはこういうことが必要だと、感じています。

 

旅は最高だー!

Google 広告

Google 広告

-旅行/キャンプ

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.