40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

DIY

いきなりステップワゴンのバンパーをがりってしまった(涙)。DIYでリペアしました。。。

更新日:

新車を購入して、いきなり1週間でパンパーをガリッてしまった。

購入したステップワゴンをいきなり、バンパーをガリっといってしまいました。。場所は、イオンの駐車場。駐車券をもらうときに、行きは慎重にいったのですが、帰りは少しなれて、右に寄せすぎてしまった(涙)。。もういやだよーと、泣いても覆水盆に返らずで、とにかく、前向きにDIYで、パンパーのリペアに挑戦しました。。

手順はこんな感じ、、

本当に参考になるページがあったので、こちら「ステップワゴン ガリ傷をDIY補修」を参考にしました。これを見ながら、ホームセンターに向い、材料を揃えました。

  • 1.まずは、耐水サンドペーパー(紙やすりのプラスチック版)で回りのガリガリをきれいとります。
  • 2.パテで凹んだ所を埋めました。
  • 3.パテの凹凸をなくすため、回りを耐水ペーパーで滑らかにしました。
  • 4.塗装がのりやすいように下地をスプレーで吹きました。
  • 5.塗装をスプレーでしました。
  • 6.最後に仕上げを塗りました。

まずは、耐水ペーパー(紙やすりのプラスチック版)で回りのガリガリをきれいとります。

耐水ペーパーというのが、200円ぐらいで売っていたので、それを使って回りをきれいにしました。基本的には、目が荒いもので、回りの塗装や、端くれた部分を丁寧にとっていきます。
その後、目が細かいもので、滑らかにしていきます。
その時耐水サンドペーパーに、四角硬いもので巻くと水平になりやすいです。僕は、余っていた木材の端があったので、それを巻きました。

パテで凹んだ所を埋めました。

ここが結構ポイントとなります。1できれいにした後、その凹んだとこに、パテを入れていきます。。ちょっと失敗したなぁと思うのは、凹んだ部分以外にも、パテをつけてしまうと、凹凸が目立ちやすくなるので、できるだけ、傷がついて凹んだ部分を、指でおさえながらやった方がよいと思います。僕はここで回りにつきすぎて、後の仕上がりが若干、目立ったように思います。

丸1日おいて、パテをペーパーでこすっていらない所を落とします。

僕は、1日おきました。そして、また1の作業を繰り返しました。この時点で傷は目立たなくなっています。

塗装が、つきやすい下地を塗った

この工程は必要かどうかは、よくわかりませんが、下記のようなやつを一応、スプレーで吹きかけました。

塗装スプレーを塗りました。

下地が乾いた感じで、塗装を3回に分けて塗りました。1回やって乾かしてを3回繰り返した感じです。

同じメーカーの塗装を塗りました。


ホンダの白は2つありました。ステップワゴンの場合、パールホワイトとつくやつだったと思います。

最後に光沢がでる仕上げ塗料を塗りました。


どこかマットな感じでしたが、これを塗るとかなり光沢がでました。

できあがり!

若干、傷からはみ出た部分のパテを落としきれていないとおもいますが、初めてにしては合格点だと思います。

  • 所要時間:約2日間(たぶん1日ぐらいでできると思います。)
  • 費用:6500円

Google 広告

Google 広告

新着ブログ一覧

-DIY
-

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.