40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

道具

季節の変わり目に「着る服がない」を解決する方法!それはウールにあり!

更新日:

あれ、「着る服ねーじゃん」みたいなことってありませんか?

4月に入り、暖かくなりました。暖かくなるだけで、こうも人の気持ちが前向きになるのかって最近、強く思います(因みに、日本って半分ぐらい冬じゃないのかなぁ)。
季節の変わり目に、「あれ、去年の春、何服着てたっけ?」ってなりませんか?もっとひどい場合は、「着る服がない」的なやつです。

今回は、これを解決する方法を書いてみたいと思います。
結論からいいいますが、「メリノウール」です。

メリノウールは、「新しくて、古い」革新的繊維です。

まず、メリノウールですが、ようはウールの目が細かいやつです。セーターを肌着なしで着るとチクチクしますが、メリノウールは細かいので、そうはなりません。メリノウールの用途をちょっとまとめてみます。

メリノウールの用途

  • 1.下着(パンツやシャツ)になる。
  • 2.T-Shirtsになる。
  • 3.ミドルフェア(中間着)になる。
  • 4.アウターになる。

この用途を見れば、おわかりだとおもいますが、春=>夏=>秋=>冬、いつでも着れることになります。要するに、同じものを着回すことができるようになります。
「夏にウールって、、」」とか、「ウールのパンツ」って思った方がいると思いますが、一言で言います!「想像を絶する快適さです」

「メリノウール」の機能を紹介

  • お茶とかをこぼしても撥水性がいい
  • 汗をかいてもすぐに乾く
  • 燃えにくい
  • 肌触りがやさしい
  • 紫外線に強い
  • 汗とかかいても防臭性が高いから臭わない
  • シワにならない
  • 伸縮性があり動きやすい
  • 夏は爽快に、冬は暖かく

これが、「古くて新しい素材」と言われる所以です。これだけの項目を全てクリアする化学繊維は今のところ、地球上に存在しません。羊で夏暑そうだなぁって思ってたんだけど、むちゃくちゃ快適だったんですね。。

個人的にはメリノウールを夏場に着るのは超オススメです!
まず、汗をかいても、身体を冷やすことなく、速攻で乾きます。乾いた後も匂いません。それに突然の雨が降っても、水を弾いてくれます。その後、大量の雨になっても、直ぐに乾きます。

メリノウールはもともと、アウトドアで山登りをする人に利用されていました。まぁ、汗かくし、突然、寒くなるし、何日も風呂はいんないしで、そんな環境で選ばれたのがこのメリノウールです。もちろん、夏場だけでなく、秋や冬でも普通に防寒としてきれます。メリノウールのT-shirtsを肌着にすれば、防寒性は一気に高まります。日本でもユニクロのヒートテックが流行っていますが、あの肌着をメリノウールにするだけで、軽装でも暑いぐらいです。また、2〜3日冬場だったら、同じメリノウール肌着でも匂いがしないので、複数買って着回す必要がありません。

だから、季節を問わずいつも「メリノウール」が着られるので、「このシーズン何着よう?」みたいなことが起こらないし、正直、服もめちゃくちゃ減りますし、洗濯の回数も減りました。

ただ、メリノウールの弱点は、繊維が弱い所です。
ある程度の分厚さがあれば、良いのですが、薄い生地は結構、早くに破れます。そのため、化繊と混合することで、薄くても破れにくいというメーカーのものが結構、でてきています。

次は、オススメメリノウールを紹介したいと思います。

オススメ「メリノウール」

メリノウール業界の巨人「Ibex」(アイベックス)

まぁ、これは王道です。とにかく、肌触り、デザイン性、機能性に長けています。「The art of wool」(ウールの芸術)とまで言ってるぐらいですが、ウールにかける根性は半端ないです。

個人的によく買い換えるのは、この「フーディー」と呼ばれるタイプのものです。秋はこれ一枚でOKですし、冬は中間着(フードがついているので首周りが温かい)としても活躍します。それに半袖だと、こういうシャツタイプがあります。

毎年、シャツを購入して、仕事着にしています。夏場にこのシャツを1枚着るんですが、むちゃくちゃ快適です。汗かいても臭わない、すぐ乾く、雨に強いだと最強です。あと、ウールを肌に直接きる気持ち良い感じは一度、はまると抜けられません。。

メリノウール業界の新星「Archteryx」(アークテリクス)

アークテリクスは、アウトドアメーカーで、特にメリノウール専用メーカーって訳ではないんですが、最近上位モデルのミドルレイヤーがメリノウールに変わってきています。今回は、「Pelion」のシリーズを紹介します。

このアークテリクスのPelionは、ハイブリッド的なメリノウールで、メリノウールの弱点だった耐久性を化繊と混合にすることで補強しています。そのため、生地が薄いにも関わらず、穴があいたりしません。メリノウールの強みと、化繊の強みの両方がハイブリットしているタイプです。その他にも化繊と混合したPORATEC社製の「パワーウール」というのもありますが、商品数がまだ少ないため、今年あたりにトライしてみたいと思います。

下着・肌着・靴下なら「アイスブレーカー」は商品が豊富

肌着(パンツやシャツ)もメリノウールにするなら、「アイスブレーカー」が豊富に揃っています。

僕もこの上記のボクサータイプをもっているのですが、ちょっとした出張とかだと、匂いが付かない(防菌生)ので、同じパンツを2回はきます。そのため出張(1泊2日)とかって、あまり荷造りとかしないんですね。肌触りも最高に良いので、一度はくと抜けられません。靴下も同様です。

こんな人にオススメ

  • おしゃれとかよりも、経済合理性と機能性重視の人
  • 服の数や洗濯回数を減らしたい人
  • 夏になると、自分に汗の匂いが気になる人
  • ファッショントレンドとかって、ついてけないと思っている人

このように、僕のタンスには、メリノウールばかりで、綿の服が少なくなりました。服の数も減ったし、洗濯の回数も減ったので、個人的には、もう人生ずっと、これでいいかなぁと思っています。あと、衣替えみたいなこともしないので、「服がない」みたいなことがなくなっていつも同じような服を来ています!もうおじさんなので、おしゃれして女の子にモテたい願望より、機能性と経済性重視のことはオススメです。

一度、参考にしてみてくださーい!

Google 広告

Google 広告

-道具
-

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.