40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

道具

周回遅れで流行の「ダッドスニーカー」?いやいやAsicsのGEL-Fuji Trabuco6は多機能なすごいヤツ!

投稿日:

ASICSのGEL-Fuji Trabuco4が破れて、「Trabuco6」を買い替えました。

GORE-TEXスニーカーで、かつトレイルランニングシューズのAsics GEL-Fuji Trabuco4がとうとう、破れてしまい、同じシリーズの「Trabuco6」を購入しました。
このTrabuco、結構気に入っていたので、また同じの探した所、楽天やアマゾンにまったく売っていませんでした。そういえば、以前も、Trekk INNで海外から空輸したのを思い出し、色々、探していると、アシックスの直販にいきつきました。なので、楽天とアマゾンのリンクは貼っていません。

購入したのはこれ「Asics GEL-Fuji Trabuco 6」


Gel Fujiシリーズは以前から好きで、アシックスがトレイルランニングシューズ向けの規格として随分、前から出しているやつです。以前のモデルは、「GEL-Fuji」のかかとには、男子のハートを鷲掴みにしそうな感じのカッコ良い「富士山マーク」があったのですが、最近のやつではあまり見なくなりました。今回のGEL-Fuji Trabuco6にも「富士山」マークは消えていました(ちょっと残念)。

あと、GEL-Fujiシリーズは、センチなんですが、このGEL-Fuji Trabuco6は、が「インチ表記」なんですね。。基本的に海外向けなのかなぁ。

GEL-Fuji Trabuco6を気に入っている理由。

ちょっと、GEL-Fuji Trabuco6を気に入っている理由をちょと書いてみたいと思います。

  • GORE-TEXのスニーカーの割に、コスト的に安い。
  • トレイルランニング向けのシューズなので、低い山でも登れる。
  • 黄と黒という、ちょっと野暮ったいデザインが好き。
  • アプローチシューズと違い、走ったり、スポーツができる。
  • GORE-TEXなので、雨の日でも濡れない。

最大の理由は、GORE-TEXシューズの割に、コスパが良いという所です。それにトレイル・ランニング向けなので、低い山の登山とかもできながら、普通にスポーツシューズとしても使えます。山に登る時、大抵、トレッキングシューズか、アプローチシューズだと思うんですが、ソールの返りが悪いので、ジョギングとかって不向きなんですが、トレイルランニングシューズは、1つで二役(トレッキングシューズとスポーツシューズ)をこなせます。

またGORE-TEXなので、雨の日に使っても濡れません。なので、日常的に使うこともできます。たまたま、近くの山に登ることがあったので、こんな感じで使ってみました。

低い山で傾斜もそれほどきつくなかったのですが、GELのクッションと、ソールの返りもよく、そして、GORE-TEXなので通気性もそこそこで、ある程度、快適に登れました。

アシックスの直販にコメントが載りました。。

直販で購入後、アシックスから、「コメントを書きませんか?」みたいなメールが来たので、あまり深く考えず、思いつくまま書いたら、そのまま掲載されました。。
もうちょっと、ちゃんと書いたらよかったと後で振り返って、ちょっと反省しています。。

参照:アシックスの直販サイトはこちら

こんな人にオススメ

  • 急に登山をすることになったけど、利用目的が登山だけじゃぁもったいないと思う方。
  • 雨の日でも快適に過ごせるGORE-TEXスニーカーをお探しの方。
  • 登山とスポーツの両方を楽しみたい方。

Google 広告

Google 広告

-道具

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.