40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

道具

コンビニのアイスコーヒーを水筒に入れるけで日常がレベルアップ!大人の男が持つかっこいい水筒を紹介!

更新日:

そもそも、水筒を持ち始めたきっかけは?

皆さん、水筒って持ち歩きますか?
僕は4、5年前ぐらいから水筒を持ち始めました。きっかけは、まぁ、単純で「缶コーヒー」をやめたかったというのが最大の理由です。要するに、水筒の中に、アイスコーヒーやホットコーヒーを持ち歩いていた訳です。それからというもの、コンビニでも、淹れたてコーヒーが飲めたりして、空の水筒でも使えることがわかり、なんだか、日常がレベルアップしたような感じになっています。

水筒を持った方がよいメリット(長所)

そこで、簡単に水筒を持った方が良い理由をまとめたいと思います。

  1. エコである。
  2. 「缶コーヒー」やペットボトルのドリンクを買わず、経済的である。
  3. 飲み物が冷たい/温かい状態をキープできる。

これとは反対にデメリットもあります。

水筒を持つデメリット(短所)

  • 持ち歩くとカバンが重い。
  • カバンの中に入れて、水筒の蓋が開いたら最悪
  • 毎日、洗うの面倒くさい。

水筒を継続的に持つには、このデメリットを解消できるやつが良いように思います。
そこで、自分が試した水筒をご紹介したいと思います。

Klean Kanteenは色々な面で一番、バランスがとれている。

まず、ご紹介したいのが、Klean Kanteenです。

Climate Lock™ のインスレートボトルのラインナップが好評なのは、その高性能、シンプルで美しいデザイン、安心素材のためです。クリーンカンティーンが目指すのは安心安全で、長時間保温保冷が可能なボトルです。そして、水、コーヒー、スムージー、その他お好きなお飲み物を、冷たく温かい状態でお客様にお楽しみいただくことです。 ※インスレートグロウラーボトルとリフレクトボトルインスレートはキャップが保冷専用のため、保冷専用となります。

ここのメーカーは、会社としての理念もしっかりしているし、安全・安心という所が最大に魅力です。特に、保温・保冷ができるタイプと、そうでないタイプがあります。
断然、オススメなのが、保温・保冷のタイプです。また形も色々あり、家族で複数もつのもとても良いように思います。実際、うちは下の色違いを2つ持っています。

KID カンティーン クラシック インスレート ボトル 12oz(アマゾンで良い感じに買えます。)

これは、本当に軽くて小さいので、カバンの中にいれていても、それほど負担になりません。コーヒーなら、マグカップで2杯ぐらい入ります。
夏場とか、冷たい水なんかを、車の中に入れていて、数時間たって、戻っても、まだ冷たいみたいな保冷性が高いのもの特徴です。
洗う時は、もう洗剤を使わず、水を入れて、蓋をしめて、ガシャガシャ振るだけです。あんまり、汚れはつきません。あと、日常で事務所とかでマグカップがわりにも使っています。

ワイドインスレートボトル 12oz

これはもっていないんですが、次買うなら、これを狙っています。上のやつとの違いは、口の多きです。水とかだとあんまり、問題ないんですが、コンビニの淹れたてコーヒーを直接、いれようとすると、上のやつは一旦、紙コップにいれないと入らないんですが、これなら直接、入れることができそうで、気になっています。

スタンレーのマスターモデルを、40歳の誕生日に買ってもらった。

次は、スタンレーです。これは、今年の40歳の誕生日に、奥さんに買ってもらいました。寒かったので、絶対にぬるくならないやつということで、これを選びました。スタンレーも小ぶりなやつがあり、まぁ、カバンの中にしまえるものもあるのですが、やっぱり耐久性や、保温性みたいなことをこのメーカーには期待しています。

1913年、アメリカで生まれたサーマルウェアブランド "STANLEY”
創業100年を越えたスタンレーの商品は孫の代まで使えるといわれ、
今もなお、変わらないデザインで世界中の人々に愛され続けています。
保温効果が高く、とても丈夫で耐久性が高い水筒の他、今ではフードジャーやマグ、クッカー、
クーラーボックスなど様々な商品を提供しています。
​一生物のボトルを。 STANLEY since 1913

買ったのはこれです。

STANLEY(スタンレー) マスター真空マグ 0.53L マットブラック 水筒 02661-005 (日本正規品

スタンレーの中で最近でた、プロフェッショナルようモデルです。下みたいなイメージですかねぇ。この写真にぐっときてしましました。

マスターシリーズは、大・中・小があるのですが、今回は一番、小さいやつにしました。ただ、小さいといっても、サラリーマンのカバンの中に入れるには少し大きいです。それに、重いですね。なので、ちょっとした旅行に行く時や、キャンプに行く時にスープを仕込んでいます。まぁ、壊れる感じはしないので、死ぬまでつきあってくれそうな丈夫感はあります。。

こんな人にオススメ

  1. 節約志向の人
  2. エコな人
  3. おしゃれな水筒を探している人
  4. コンビニのコーヒーを保冷/保温したまま飲みたい人

Google 広告

Google 広告

-道具

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.