40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

道具

ホンダの安全運転支援システムのホンダセンシングって、実は「半分自動運転」じゃないのか!

投稿日:

ステップワゴン(クールスピリット)にホンダセンシングが標準装備でその感想

もう、新車(ステップワゴン)を購入して、1ヶ月が経過しました
運転にも慣れてきて色々、試してみた所、この「ホンダセンシング」っていう機能があり、走行中に試してみたら、これって「半自動運転」じゃないなか??と思い、ブログに書いてみたいと思います。

「ホンダセンシング」とは

ホンダセンシングとは、安全支援システムのことで以下の内容だそうです。

  • 1.衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
  • 2.歩行者事故低減ステアリング
  • 3.ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
  • 4.LKAS〈車線維持支援システム〉
  • 5.路外逸脱抑制機能
  • 6.誤発進抑制機能
  • 7.先行車発進お知らせ機能
  • 8.標識認識機能

今回、自動運転の伏線的匂いが強いのは、この2つの機能だと思いました。

ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

これは、高速道路とかで、前方の車との車間距離をキープしながら、自動で運転してくれるやつとなります。昔からホンダはこの手のクルーズ機能みたいなのがあったと思うのですが、昔のやつは、アクセルを踏まなくても、60kmならそれをキープしながら走る機能だけだったと思います(要するに、アクセルを踏まなくて良い利便性)。けど、今回のACCは前方の車をセンサーとカメラで検知して、その前方の車の車間距離(走行距離も確認しながら)をキープしながら、かつ前方の車が止まれば、同じように車が停止します。

ただ、セレナのように、ハンドルを離すと、ハンドルを握るように、指示がでるため、完全自動運転ではないと思いますが、今後、この機能が発展すれば、自動運転化していくように思いました。(ACCはこちら)

LKAS〈車線維持支援システム〉と路外逸脱抑制機能

LKASは、高速道路とかで、白線をカメラで見つけ、中央に車を配置するように支援してくれるシステムです。僕も最初は驚いたのですが、ハンドルが勝手に動いて、中央に誘導してくれます。あと、路外逸脱抑制機能は、中央線や両端の白線からはみ出た時に、ハンドルが振動で知らせてくれます。そこから、勝手に動いて、路線内に戻ろうとします。はみ出るのが大きかったりすると、ブレーキもかかるという機能です。(LKAS路外逸脱抑制機能はこちら)

ACCの機能は、アクセルとブレーキの自動制御、LKASと路外逸脱抑制機能はステアリングの自動化機能と考えると、かなり近くまで、自動運転の技術が進んでいるように思いました。
いやぁ、本当に未来は近づいているんだなぁと思いました。

こんな人にオススメ

  • ペーパードライバー歴が長い人
  • 車の運転が得意じゃない人
  • 年齢を重ねて、運転をどうしようか検討している人
  • 車は、ステータスより機能と安全性と断言できる人

Google 広告

Google 広告

新着ブログ一覧

-道具

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.