40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

道具

災害のない平時の時こそ準備を!キャンプでも災害でも使えるおススメのランタン2選!

投稿日:

台風と地震がない今、災害準備を少しずつ進めましょう!

2018年は「地震=>豪雨=>地震=>猛暑=>台風=>台風=>台風」と日本列島は、未曾有の災害イヤーでした。台風もひと段落ついた秋晴れが続く10月、絶好の災害準備月間だと思いますので、私も含めて「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ではなく、少しずつ、災害準備をしていけたらと思います。

そこで今回、ご紹介するのが「ランタン」です!
地震や大雨なんかで、停電になると、まず必要になるのが電力供給です。前回ご紹介した「SUAOKI G500」のバッテリーなんかもいいですが、夜に災害が発生すると「」の確保が最優先となります。iPhoneなんかの光で、手元を灯すのも良いですが、それだどバッテリーが心配ですよね。

災害の時だけでなく、キャンプや、日常でも使える金額的にもかなり優秀なランタンを2つ紹介したいと思います。あと補足として、家族一人一つ持っていると確実な光対策となる「ヘッドライト」についても紹介し、災害時の光確保対策について、万全にしてければと思います。

僕が考えるランランの条件はこれ!

まず、むちゃくちゃ主観ですが、災害対策に必要なランタンの条件を書いていきたいと思います。

  • そこそこの明るさを確保しながら、まず小さくないとダメ。
  • LEDじゃないとダメ。
  • 多用途があればなおよし。
  • 安くないとダメ。
  • 複雑な仕様はダメ。
  • 電池なし(充電のみ)。

ランタン購入の基本的な考え方は、「災害でランタンを使うことは、人生で一体、何回ある?」という問いからスタートしました。そうなると自然と、上記の条件が挙がってきました。これと反対なのが、高くて・デカくて・重くて・複雑というものです。。。

あと、キャンプ用のランタンだと、ガス・ランタンもあったりしますが、災害の時に、ガスが切れてたんじゃぁ、あまり使えないので「LED」の一択にしました。同様に電池切れもあり得ないので、充電式一択としました。そして、最もこだわったのが、「安さ」でした。災害の時だけで、キャンプとかしないという方だったら、費用対効果がこれほど悪い物はないので徹底的に安いものだけを選びました。

ただ、安いランタンは、光の強さが高いランタンと比べて、落ちてしまうので、そこを「ヘッドライト」で補うという考え方です。ヘッドライトは数百円(Amazonや楽天で探せば数百円からあります。)からありますので、家族で揃えることも、リアリティーがあります。

Goal Zero Light House Micro ミニランタン 150ルーメン

一つ目は、Goal Zeroのミニランタンです。僕が買ったときは、2000円ぐらいだったのですが、アマゾンで3024円になっているのに少し驚いていますが、むちゃくちゃ小さい(小さいマウスぐらいの大きさ)けど、150ルーメンあって、かなり明るく部屋全体を照らすことができます。

 

View this post on Instagram

 

junya higashiyamaさん(@hjunya)がシェアした投稿 -

災害の時以外は、テント内の灯りとして、天井にぶら下げています。これは、USBから直接、充電ができます。驚きなのが、光の強さが2段階あり、弱い光の時は、なんと170時間もちます。そして、強い光だと7時間です。この170時間は正直、驚きです。

SUAOKI 3WAY高輝度LEDランタン ソーラーライト

これは、上記の170時間(低光で10時間、高光で5時間)ももちませんが、USB充電器にもなります。あと、ソーラーで充電することもできます。夜が明ければ、太陽の下に出しておけば、次の夜までには充電を満たすこともできますし、加えて、スマホとかの電力供給にもなります。それにしまう時はかなり小さく、折りたたむことができるのも、平時の時に場所を取りません。

それに、金額も1530円というのはうれしいですね!

 

View this post on Instagram

 

おススメのランタン。めちゃ小ちいけど、パワフルで充電器にもなるし、太陽光で充電可能。。

junya higashiyamaさん(@hjunya)がシェアした投稿 -

どちから一つだと、ルーメン(光の強さ)的に物足りないと思われる方は、「ヘッドライト」で補完するのも良いかもしれません。ヘッドライトだと一気に暗闇の中の行動力が上がります。僕が使っている奴は以下ではない(モンベルの「パワーヘッドランプ」)ですが、、楽天で唯一あったので、載せておきました。

モンベルのヘッドランプ

あと、子供と奥さんには、「ミニヘッドランプ」(1500円)準備しました。

いかがでしたでしょうか?

災害対策って、結構面倒臭いのでどうしても後回しにしてしまいがちです。それに、使うかわからないものに時間と費用をかけるのは本当に無駄と感じてしまいます。そこでどうやったら、災害対策を日常に押し込んでいけるかというのを考えていると、強引に「キャンプを趣味」にしました(笑)。

子供が3人いると、なかなか旅行や、外食の機会が減る(子供小さい時は制御できない、大きくなればコスト高)ので、外食を減らしてBBQから始まり、旅行がいけない代わりに、近場でオートキャンプを活用(最初は道具に費用がかかりますが、そろえば、家族5人でも1泊数千円の世界です。)しています。

またこんなことをちょくちょく、書いていけたらと思います。

こんな人におすすめ

  • 災害対策を何か始めたいと思っている人。
  • 賢くランタンを購入したいと思っている人。

Google 広告

Google 広告

-道具
-

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.