40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

バイク 書評/論評

コロナ第二波が懸念される中、40代のおじさんが再び大型二輪免許を取りに教習所に通ってみた。

投稿日:

コロナ禍の中、大型二輪免許を取得のため20年ぶりに教習所へ。

早速ですが、6月中旬から大型二輪免許をとりに、約20年ぶりに自動車教習所へ通っています。。既に、普通二輪と自動車免許があるので、学科はなく、最短で12時間程度となります。
アラフォー(現在42歳)になって、またバイクに乗りたくなった理由や、これからのことについて書いてみたいと思います。

給付金の使いみちを考えてみた。。

コロナ禍で、様々な給付金、助成金や補助金に申請しました。その使いみちとして、大型バイク免許を取得しました。既に普通二輪を持っている人なら、6〜7万円ぐらいで自動車学校に通えます。
実際に大型二輪免許を取得したら、趣味というよりかは、今後はメインの「足」(交通手段)になるような使い方だと思います。車もあるのですが、車はもっぱら、奥さんと子供の利用が主で、僕は基本的に電車移動でした。しかし、昨今のコロナで、電車を含めた公共交通機関に、疑念を覚えたのが、この免許取得の本当の所です。

コロナで公共交通機関は変わる。

恐らくですが、コロナで交通機関は変わるように思います。今年の1回目の緊急事態宣言の時は、公共交通機関は止まりませんでしたが、次の第二波の場合、前回よりも交通機関が止まる確率はかなり高いように思います。
その理由は、テレワークや、オンライン授業などがある程度、社会で浸透し、認知が広がった結果、交通機関を止めることについての社会的が合意が前回よりも取りやすい環境にあるように思います。

あと、現在(2020年7月8日)、JR東が「混雑時間帯の運賃値上げ」を検討しているみたいです。恐らく、コロナ禍で利用者数が減ったことによる、収入源確保という意味合いが強いと思いますが、公共交通機関(電車やバス)のあり方は今後、変わってくるように思いました。

アラフォーになって「人生の棚卸し」的な意味も

人生の棚卸し」の意味合いを正しく使えているか心配ですが、40代になってまったくやったことのないことをやるよりも、昔やっていたことを思い出して、少し味付けをするみたいなことの方が、無理がなくてよいのかなぁと最近、感じています。30代は目一杯、新しいことを無我夢中で猪突猛進してきましたが、40代は過去のことをひとつひとつ思い出して、それをもう一度、取り出して丁寧に成長させていけたらと思いました。

「やってみたい」と思うことに出会うことの方が貴重

若い時は、本当に色々なものに興味がありましたが、年を重ねると、経験値が増えるせいか、興味を掻き立てるようなモノやコトには滅多に出会いません。。
そんな中、「コンセプトが面白い!ぜひ、乗ってみたい!」と思える大型二輪バイクに出会った(またバイクの内容は別のブログで書きます)ことも今回の後押しとなりました。

コロナ禍の教習所(二輪)は様変わり。。

緊急事態宣言後に、教習所に行きましたが、結構様変わりしていました。各教習所によって違うかもしれませんが、参考になればと思います。

ヘルメットの貸し出しは今後、NGに

コロナの影響から、自動車学校では、ヘルメットの貸し出しはNGになる可能性が高いです。僕が通っている所は、かろうじて、ヘルメットの貸し出しはありますが、別の教習所は貸し出しはNGになっています。
さらに、ヘルメットの上からマスク着用が義務なので、この際、思い切って、ヘルメットを購入しました。

SHOEI Neotec2

生まれて始めてのフルフェイスになります。フルフェイスだとマスク着用をしなくてよかったので、こちらにしました。あと、これは「システムヘルメット」というジャンルで、音声でのコミュニケーションシステムが内装化(別売り)されていたり、フルフェイスなのにジェットヘルメットのような開閉も可能なタイプとなります。これだとヘルメットを脱ぐ回数も減るのですごく重宝しています。

Komine(L 07-555 JK-555)

あと、プロテクターも購入しました。二輪は、胸と背中、肘と膝で3箇所のプロテクターをつけ、さらに今みたいに雨が多いと、その上からかっぱを着ることになります。これを毎回準備するのは結構、消耗するなと思い、色々調べるといいのがありました。
KOMINEはバイク専門の衣料や手袋、靴、バックなどに特化したメーカーで、バイク業界ではかなり有名な所みたいです(今回始めてづくしです)。今回購入した「コミネ KOMINE バイク バイク パーカー WPプロテクション3L- パーカー ジャケット アウター プロテクター 透湿 防水ブラック/ネオン L 07-555 JK-555」は一見、アウトドアメーカーのソフトシェルのような感じなんですが、中には胸、背中、肩、肘にプロテクターが入っています。加えて、防水です。なので、これ一枚を着れば、教習は基本OKとなります。

Amazonで購入しました!


オプションですが、中のプロテクターを変更することができるみたいです。背中のプロテクターがスポンジみたいだったので、いつか強度の強いやつに変更しようと思います。

最後に、バイクは楽しいのか?

最後に、大型二輪を乗って、バイクは楽しいのか?という所ですが正直、狭い教習所内をセカンドかサードぐらいでしか走ってないので、爽快感とかはないですが、20代の時、バイクを乗ってあちこち行っていたことを思いだしました。
あと、大型は中型よりも、トルクが大きいので、初動の走り出しが安定していますね。。まだ二段階目が始まったぐらいなので、もうちょっとかかりそうです。

こんな人におすすめ

  • 40代になって、新しいことに挑戦しようとされている方。
  • コロナで電車はやばいぞと思った方。
  • 通勤の新しい方法を模索されている方。

Google 広告

Google 広告

-バイク, 書評/論評

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.