40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

マネー

AMEXビジネスカードで使っているたら、なんと知らん間にポイントで「ハワイ往復をタダで行ける!」ようになっていた話。。

更新日:

ビジネスカードはAMEXで一本化していたら、知らん間にポイントたまっていた。。

大した会社でもないのですが、ITの自営業をしており、そこでITサービスなどのSubscriptionを一元的に決裁の管理をするために、5〜6年前にAmexを利用しています。確か、コストコに行った時、営業の女の人に勧められたのがきっかけだと思います。
これまで、Amexのポイントをあまり深く考えていなかったのですが、最近、Amexの法人担当者の方から電話がきて、

AMEXのポイントで、「お一人様でしたら、ハワイの往復がいけますよ」。

「えーー!」と驚いたんですが、理由はこんな感じです。

Amexのカード管理のやつにログインすると、「44954」ポイントもあることに気が付きました。しかし、このポイント感覚がよくわからず、いまいち「ピン」と来ていなかったのですが、どうもANAのマイレージポイントに変換することで、そのようなタダで旅行ができるみたいなことが実現できるとのことです。

過去何度か、これもまったく深く考えず、ポイントで商品に変換したことがありました。しかし、よくよくその担当者の方に聞いてみると、ANAのマイレージカードとのポイント還元率が非常に良いらしく、商品よりも、マイレージの方がよいことにこの時、始めて気が付きました。

上記のAppleの商品に変更しようとすると、327000ポイント〜みたいな感じなので、いまいちこの「4万ポイン」トって大したことないんじゃぁないかなぁと思っていました。しかし、今回、実はANAのマイレージカードとの相性を抜群によいことを知り、早速、ANAのマイレージカード登録しました。

マイレージの重要性も、ピンときていない。。

20代の時は、バックパッカーで、アメリカに留学もしていたので、本当によく飛行機に乗っていたのですが、その時も、特に格安航空券ばかりに気がいき、マイレージという感覚がまったくありませんでした。
30代は、出張でNYや、韓国には、行っていましたが、特に、マイレージを気にすることはありませんでした。

上記の内容をみると、2000ポイントで1000マイル行けるみたいです。まったく、わからないんですが、現在4万ポイントで往復ハワイが可能、5万ポイントだとカナダの往復が可能みたいなことを、アメックスの方はおっしゃられていました。

ANAマイレージクラブに早速登録

まったく、わからない中、とりあえず、ANAマイレージクラブに登録をしてみました。一般的なフォーム登録だったんですが、どうも週末で疲れていたせいか、なんかもじゃもじゃして、何度か失敗しました。ログインするとこんな感じで、サクッと、航空券が買えそうな感じです(登録後、2〜3日以内にカードが郵送されるみたい)。

今後やってみたいこと

とりあえず、5万ポイントまでためてみようと思います。その後で、ANAのマイレージに変換してみようと思います。
実は、今年6月に、カナダの出張を計画していました。ただ、忙しいのやら、なんやらで、頓挫したのですが、タダで行けるんだったら、行ってやろうみたいな前向きな気持ちになりました。。
引き続き、ANAのカードが届いたり、ポイントの変換方法など、しっかりまとめていきたいと思います。

とりあえず、今回はここまでです。

Google 広告

Google 広告

-マネー
-,

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.