40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

DIY

シンプソン金具で規格木材で手軽に家具ができる「オリジナルキット」(シェルフ)は凄く便利!

更新日:

シンプソン金具を使ってみたかったけど、使い方がよく分からない。。

先日の土曜日に少し時間があったので、簡単に家具がDIYでできる「シンプソン金具オリジナルキット」でシェルフを作ってみました。以前からシンプソン金具は興味があり、素人の僕でも、DIYの幅が広がるなぁーと思っていたのですが、実際いくつか、買ってみたのですが、どうも使いか方がよく分からない。。。

そんな時、この「オリジナルキット」というものを見つけて、勉強がてら、触りながら作ってみました。

まずは、シェルフが作れる「オリジナルキット」


どこを見ても売っていなかったので、Yahooショッピングからコメリのサイトで購入をしましたが、最近ではもう「楽天」で売っているみたいです。
少し他と比べて、割高(約2000円)だなぁと思っていたら、2つ入りでした。

楽天で買えるようになりました。


★シェルフのDIY金具キット《シンプソン金具と専用ビスのセット》【1個での販売】※木材別売SIMPSON金具/ガレージ./DIY/ウッドデッキ/小屋/リノベーション/男のDIY/ログハウス/アメリカンDIY

ところで、「シンプソン」金具とは?

2×4木材や、1×6材のような規格木材を簡単にくっつけることができる、コネクター(金具)です。その金具の種類がむちゃくちゃ多くて、米国ではNo.1の木材コネクターとして有名です。

ぼくのようなアマチュア向きで、ちょっとした家具を休日に作りたいような人なら、作業時間を短縮しながら、耐久性を上げることができます。それ以外にも以下のような利点があるように思います。

シンプソン金具のメリット

  • 1.完成までの時間短縮ができる。
  • 2.ビスよりも、耐久性を上げることが容易。
  • 3.どこにでも売っている規格木材を使うので、木材のコストを下げることができる。
  • 4.種類が豊富で、小型から大型まで幅広く利用が可能。
  • 5.面で支えるため、薄い木材でもコネクトすることができる。

ざっくりこんな感じでしょうか?

一番気に入っているのは、何かを作りたいと思った時、その用途に合わせるためには、木材を購入し、加工するのですが、その時に結構、木材のコストがかかります。また横板に使う木材として、ビスを直接打つ場合、ある程度、木材に分厚さがいるのですが、分厚い板だけで、4000円〜6500円はしてしまいます。

ただ、このシンプソンズ金具は、木材の規格品(2×4木材や、1×6材)をベースに作るので、木材コストがとても安くなり(1枚:250円〜400円)、かつビスのように点ではなく、面せ支えるため、薄い木材でも耐久性を上げながら、作ることができます。

こんな感じでできました!

今回は、自分の寝室に設置する用だったの塗料はブリワックスで簡単に仕上げました。
購入した板は、、1×6材が2枚で約980円ぐらいです。全体のコストとしては、だいたい2000円〜2300円ぐらいの間で完成させることができます。
今回ははじめてだったので、多少隙間とか開いたり、金具の上下が逆だったりしたんですが、まぁ、これも味だと思っています。。

総額はこんな感じ

作業時間は、70分ぐらい。。

  • オリジナル・キット(2つ入):2100円
  • 1×6木材×2本: 980円
  • ブリワックス:少々
  •     

凄く気に入っています。。

こんな人にオススメ。

  • 初歩の域から、DIYをもう少し、発展させたい。
  • 自分で家具を作ってみたい。
  • シンプソン金具は知っていたけど、使い方がよくわからない。。

Google 広告

Google 広告

-DIY

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.