40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

道具

レッドウィングの革靴がビジネスとしても案外良い感じ、野球のグローブと同じで一度、馴染むと、『癖』になる

更新日:

今年、レッドウィング(Red Wing)の革靴(ビジネス)を買ってみた。

人と会う予定がない時、全身「体育の先生」みたいな格好で仕事しているのですが、人と仕事上で会う時だけ、革靴をはいたります。ただ、まぁ正直、言って、革靴とかって、あまり好きではありません。その好きではない理由をちょっと書いてみたいと思います。

僕が革靴が苦手な理由

  • 雨に弱い。
  • 重い。
  • 脱ぎにくいし、はきにくい。
  • 機能的な費用対効果がよくわからない。
  • 通気性が悪い。

まぁ、ざっくりですが、こんな感じです。
一番、個人的に嫌なのが、「雨が降った時」ですね。雨が降って靴が濡れて、足まで染み込むのはもう本当、1日やる気をなくします。。
そんな僕ですが、半年ぐらい履いて馴染んだ結果、『癖』になっている革靴が見つかったので、ご紹介したいと思います。

RedWingのCaverly Chukka

今年の4月ぐらいに購入して、最初は、むちゃくちゃ固くて、足の皮が、むけたりして正直、「失敗したぁ」と後悔していたんですが、だんだん馴染んでぐると、むちゃくちゃ履きやすくなって、最近ではこればかり履いている感じです。本当に、「野球のグローブ」みたいで、馴染むと、めちゃくちゃ履きやすいですね。

半年後はこんな感じで良い感じに、すごく足になじんでいます。いつもスニーカーばかりの僕でも、革靴の違和感が少ないような気がします。

 

View this post on Instagram

 

Red wings

junya higashiyamaさん(@hjunya)がシェアした投稿 -

『レッドウィング』を買った理由。

僕の革靴はほとんど、10年ぐらい経過していると思います。上記には、革靴が苦手な理由を書いてみましたが、今度は反対に、革靴を購入するポイントを書いてみたいと思います。

  • 雨でもOKなので、ソールは必ずラバー(革底はありえない)。
  • 耐久性は重要で、『10年』ぐらいは履く覚悟。
  • 基本メンテナンスフリー(やっても1年に1回ぐらい)。

僕の革靴のほとんどは、「10年もの」ばかりです。他にもっている革靴といえば、フェラガモやパラブーツ、あとオールデンです。ほぼどれも10年です。初期投入コストはかかりますが、10年履けるので、そこは良いとしています。あと、どれも雨の耐久性があります。オールデン以外は、雨はほぼOKです。

今回のレッドウィングスですが、これとは別に「スーパーソール」を持っていましたが、これが案外、履きやすかったんですね。それで調べた所、レッドウィングにビジネスシューズもあり、加えて、すでに持っているメーカーと比べて、割安だったのが、今回の決めてでした。因みに、このスーパーソールも7〜8年ぐらい履いていて今年の4月にたまたま、靴のクリームを塗ったら、えらいキレイに蘇りました。

 

View this post on Instagram

 

冬も終わったのでRed Wings磨いたら、えらい綺麗になった。。

junya higashiyamaさん(@hjunya)がシェアした投稿 -

Caverly Chukkaを選んだ理由

今回は、チャカブーツを選んだですが、本当は、ベックマンにしよと思っていました(買いに行った時は、ビジネスシューズではなく、普段靴を買いにいっていました)。ただ、ベックマンが横幅が狭くて、僕の足にはフィットせず、そのかわり、Caverly Chukkaはワイドサイズがあったので、こちらにした感じです。まぁ結果オーライ!でした。

楽天で購入できます。

楽天で購入できますが結構、レッドウィングスの直営店増えています。
初めての方は一度、サイズを計測してみても良いかもです。

こんな人にオススメ

  • 革靴の良さがよくわからない人。
  • 10年ぐらいもつ革靴をほしい人。
  • 雨にも強い、革靴がほしい人。

Google 広告

Google 広告

-道具

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.