40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

道具

ループウィラーは、僕の作業着。負担の少ない服で、パソコンの前で黙々と作業しています。。

投稿日:

「ループウィラー」は僕の作業着。。

最近、ループウィラーにはまってます。。人と会うことなく、ただ黙々と1日中作業する日は決まって「ループウィラー」を着て、パソコンの前にいます。。本当に身体になじむので、衣服に関するストレスを解消してくれる良き相棒です。。

6~7年?前にかったループウィラーとナイキのコラボ

 

View this post on Instagram

 

ナイキ ループウィラー

junya higashiyamaさん(@hjunya)がシェアした投稿 -

初めて買ったのは、ナイキとループウィラーのコラボで多分、7年ぐらい前だったと思います(ナイキの直営店で、バーゲンしていたのを見つけたと思います)。今でもこれ現役で、このブログ書いている今日も、このパーカーを着ています。当時は「ループウィラー」の名前は知っていたけど、歴史や製法なんかの、深い知識はなかったんですが、7年ぐらいきていると、ループウィラーが何故、よいのかわかってきました。

アメリカではもう吊り編み機がありません。どこを探しても世界中で吊り編み機で裏毛を編めるのは日本の和歌山だけなのです。

ループウィラーの特徴は、「吊り編み機」で作っていることです。7年ぐらい着てわかったこどは、ジャージとかって、2~3年でよれよれになったりするんですが、ループウィラーは形が崩れることがほとんどありません。あと、伸縮性がほかのやつと違って優秀で、良く伸びで、また元に戻るので、本当に着心地がよいです。すごく長持ちします。

今年になって2つも買ってしまった。。

ミニマリストになって服を処分している時、長く着ている服のメーカーがほとんど決まっていました。自分でも無意識でしたが、パタゴニアとループウィラーはよく着ていました(その反面、ノースフェイスはすぐに着なくなるやつが結構あったなぁ)。7年ぐらい毎年、かなりハードに着ていたので、恐らく、自分の身体とループウィラーは相性が良いんだろうなぁと思ったので、今年になって2つほど追加購入しました。。

紺色のズボン・ジャージ

 

View this post on Instagram

 

Loopwheeler

junya higashiyamaさん(@hjunya)がシェアした投稿 -

これは中毒性が高いです。もう、誰とも合わずに仕事ができるだったら、ずっとこのジャージをはいて仕事していると思います。まず伸縮性が素晴らしく、型崩れが少ないです。僕は中にメリノウールのパッチを履いてから、このループウィラーのジャージを履くようにしています。

灰色のトレーナーも買った。。

 

View this post on Instagram

 

ループウィラーが好き!

junya higashiyamaさん(@hjunya)がシェアした投稿 -

灰色のトレーナーも購入しました。上のズボンのジャージもそうですが、これもビームスとのコラボみたいです。本当はループウィラーの純正が欲しかったのですが、アマゾンにも、楽天にも、その他のショッピング系サイトにもサイズがきれていたり、物自体がなかったので、ビームスの直販のオンラインショッピングで購入しました。

Amazonでもループウィラー買えます。。

ビームスが企画したのか、ちょっとタイトで失敗したかなぁと思ったのですが、さすがループウィラーのジャージ生地、伸縮性が抜群です!

こんな人におすすめ

  • 独りこもって作業することが多い人。
  • 服にストレスを極限まで減らしたい人。
  • 服は、おしゃれとかより、機能性重視の人。

Google 広告

Google 広告

-道具

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.