40歳から突然「ミニマリスト」に目覚めた男のブログ。少ないモノで高付加価値を生む道具たち。

道具選びは、人生を変える。

DIY

廃材で壁掛けフックを作ってみた!BRIWAXだと、なんでもかっこよくなるから一つ持っていると便利。

投稿日:

SPF材の端が余っていたから、壁掛けのフックをサクッと作ってみた!

以前ラブリコで棚を作った時に2×4のSPFが余ったので、事務所で使う「壁掛けフック」を作ってみました。だいたい20〜30分ぐらいでできました。

まぁ、えらい簡単で、長さをちょっと調整して(のこぎりで切って)、金具を取り付けただけです。ここでのポイントは、BRIWAXで、SPF材でもかなりアンティーク調に仕上がります。SPF材×BRIWAXでなんでもリーズナブルにかっこよくなります。DIYの基本ですね。。

BRIWAXはAmazonでも買えます。


英国王室御用達らしく、まぁ、どの色でもかなりかっこよくなります。
英国ですけど、アメリカン・アンティークっぽいだいたいの男の子が好きそうな風合に仕上げります。

壁掛けの方法

やり方を言うまでもなく、ホームセンターに行って、フックの金具を購入したら出来上がりなんですが、ただ、壁にどうやって掛けるかは、ちょっと難易度があがるかもしれません。壁に何かを吊るしたり、かけたりするには、以下の2つ方法があります。

壁に物を吊るしたり、かけたりする方法

  • 1.壁の裏にある裏木(柱or梁)を探す。
  • 2.壁掛けピンを使う。

1.はセンサーで、壁の裏に柱or梁があるかを探します。その柱or梁に向かって、ビスをとめるのですが、なかなかの手間です。加えて、好き場所にものを掛けることができません。こちらのパターンは基本的に大きい物や重い物を吊るしたり、掛けたりする時に使います。

2.は「壁掛けピン」です。こちらの方が圧倒的にオススメですが、デメリットとしては、さほど大きい物は無理です。ただ、今回利用したやつは、7kgまでピンで掛けられるやつなので色々な場面で利用できそうです。これは単純でまったく工具とは必要ありません。指で押したら出来上がります。

「ハイパーフックかけまくり 7Kg」は楽天で購入できます。


7kgというのがすごく良いと思います。こちらのピンは頻繁に使っていけたらと思います。木材もドシっとしているんですが、それに加え、カバンや服をかけてもずり落ちず、こんな感じに仕上がりました。

こういう人にオススメ

  • なんかとりあえず、DIYを始めたい人。
  • おしゃれな壁掛けフックを探している人。
  • 廃材が余っていて、利用用途を探している人。

Google 広告

Google 広告

-DIY

Copyright© 道具選びは、人生を変える。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.